コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造解析 こうぞうかいせき structure analysis

2件 の用語解説(構造解析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造解析
こうぞうかいせき
structure analysis

物質の中の原子の3次元的な配列を決定すること。当初,結晶のX線解析像を使っていたので,結晶構造解析,またはX線結晶解析という言葉が使われてきた。その後電子線 (→電子ビーム ) や中性子線の解析や,電子顕微鏡核磁気共鳴 NMR,その他の分光学的手段も使われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構造解析
こうぞうかいせき

外力に対する構造物の挙動・安全性を明らかにするために行う操作。構造力学の原理に基づいて行われる。構造解析では力と変位が扱われ、どちらを未知数として扱うかにより、「応力法」と「変位法」に分類される。微小な変形を仮定して材料法則として線形弾性を採用した場合の線形解析から、有限な変形や弾塑性材料法則を仮定した非線形解析まで種々のレベル・精度の解析が存在する。20世紀半ばに行われた有限要素法の開発以来、多くの場合、有限要素法を用いて行われる。自重などの鉛直力や、風力・地震力を模擬した水平力に対する建築物の使用性や安全性の検証などで用いられる。[上谷宏二・竹脇 出]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造解析の関連キーワードアンチコドン遺伝暗号充填イントロンシークエンサーX線回折法配位人工格子SH-3ケノミックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

構造解析の関連情報