コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極値 きょくちextreme

翻訳|extreme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極値
きょくち
extreme

気象要素がある期間内に示す最高および最低の。日最高気温や日最低気温は,その日の極値である。とくに観測開始以来の極値としてよく使われている。(→気象観測

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ち【極値】

関数の極大値と極小値。
ある期間に、ある地点で観測された気圧・気温・風速降水量などの、最高・最大の値または最低・最小の値。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくち【極値】

〘数〙 関数の極大値と極小値。
〘気〙 ある観測期間内での気温や降水量などの最大・最小・最高・最低の値。一日を期間としたときの日最高気温・日最低気温など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極値
きょくち
optimum value

関数が与えられたとき、1点Pの適当な近傍Vをとると、Vのなかではその関数がPにおいて最大(最小)となっているとき、関数はPにおいて極大極小)となるといい、そのときの関数値を極大値極小値)という。極大値、極小値を総称して極値という。
 関数が最大あるいは最小になる点が存在するならば、それを関数の全定義域から求めよ、というのは、古来数学における重要な問題であった。しかし、最大・最小という性質が大域的なものであるため、一般的に解を得ることはたいへん困難である。一方、極大・極小という性質は局所的なものであって、極値を与える点は、以下に示すように微分法を用いて探すことができる。これら極値を与える点から最大・最小を与えるものを求める、というのが実用的なやり方である。[竹之内脩]

一変数関数の極値

関数f(x)がx=x0で微分可能でx=x0で極値をとるならば、f′(x0)=0である。もしf′(x)がx0の左側では正、右側では負であれば、x0はf(x)の極大を与え、左側で負、右側で正ならば極小を与える。またf(x)がx=x0でn回微分可能で、
 f′(x0)=0, f″(x0)=0,……,
 f(n-1)(x0)=0, f(n)(x0)≠0
のときは、nが偶数ならばx0はf(x)の極値を与える点であり、nが奇数のときはx0はf(x)の極値を与えない。[竹之内脩]

多変数関数の極値

記述を簡単にするため二変数関数の場合を述べる。f(x, y)がP(x0, y0)で偏微分可能で、fがPで極値をとるならば、fx(x0, y0)=0, fy(x0, y0)=0である(fx、fyはfの偏微分係数)。また、fがPの近傍において2回連続微分可能(fxx、fxy、fyyが存在して連続)で、fx(x0, y0)=0, fy(x0, y0)=0であるとする。
 Δ=fxy(x0, y0)2
 -fxx(x0, y0)fyy(x0, y0)
なる値の符号によって、Δ<0ならばfはPで極値をとり、Δ>0ならば極値をとらないと判定される。ただしΔ=0であるときは、これだけからはいずれとも判定できない。
 (x, y)=0という条件のもとでx、yが変化するとき、これらの値をもつ点は一つの曲線を描く。この曲線上での関数f(x, y)の極大・極小を求めるには、一つの定数λを考えて、f(x, y)-λ(x, y)という式をつくり、これをx、yに関して偏微分したものをゼロと置いて、すなわち、
 fx(x, y)-λx(x, y)=0,
 fy(x, y)-λy(x, y)=0
を満たす点(x, y)を極大・極小を与える候補として調べればよい。この方法をラグランジュの未定乗数法という。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の極値の言及

【極大・極小】より

…しかし図1で示すようにf(x)=x3-3xについてはf(-1)=2は極大値ではあるが最大値でなく,f(1)=-2は極小値ではあるが最小値でない。極大値と極小値とを総称して極値という。 f(x)が実数のある区間で定義された微分可能な関数であって,cをその区間の内部の1点とする。…

※「極値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極値の関連キーワード最小補ポテンシャルエネルギーの原理ド・ハース=ファン・アルフェン効果内製 CVT金属ベルトハートリー‐フォック近似ル・シャトリエの法則ラプラスの方程式フェルマーの原理ハミルトンの原理アールフォルスガウスの定理肝機能検査法極大・極小最大値原理温暖高気圧久留島義太最適化手法微小電極法モース理論佐賀(県)フェルマー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極値の関連情報