コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月レーザー測距装置 つきレーザーそっきょそうち

1件 の用語解説(月レーザー測距装置の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つきレーザーそっきょそうち【月レーザー測距装置】

レーザー光を用いて月と地球の距離を精度よく測定する装置。アポロ宇宙船が月面に置いてきたレーザー光反射器に地上からレーザー光をあて,反射光が戻ってくるまでの時間を測定することによって距離を知ることができる。アメリカマクドナルド天文台では,口径270cmの反射望遠鏡を用いて定常的に観測が行われていて,30~40cmほどの精度が得られている。これにより月の公転や自転の運動,月と地球の距離が高い精度で得られ,地球の自転運動の変動や極運動の決定に役だてられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の月レーザー測距装置の言及

【宇宙測地】より

…初期には写真赤道儀というカメラを用いた三角測量方式が用いられ,後には電波やレーザー測距装置を用いた三辺測量方式(図参照)あるいは海上における双曲線航法と類似の方法が用いられている。(2)月レーザー測距 月面にはアポロ宇宙船によりレーザー反射体が設置されており,人工衛星の場合と同じ原理で地上の観測局の位置を決めることができる(月レーザー測距装置)。(3)超長基線電波干渉法 電波天文学の手段として開発された超長基線電波干渉計の技術もクエーサーや人工衛星が発する電波を用いて地上の基準点間の位置関係を知るために利用されている。…

※「月レーザー測距装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone