コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極運動 キョクウンドウ

5件 の用語解説(極運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょく‐うんどう【極運動】

地球の自転軸が地球に対して運動するため、が相対的に移動する現象。北極は上から見下ろすと、反時計回りにやや不規則な円を描くように移動し、半径5メートル程度で、約430日周期と1年周期との二つの運動の合成からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

極運動【きょくうんどう】

地球の極が地表に相対的に移動すること。地球の自転軸が,地球に固定した座標系に対して運動するために生じる。1736年にL.オイラーが地球を剛体としてその周期を305日(オイラー周期という)と予測,1891年に米国のS.C.チャンドラーが極運動による天文緯度の変化の周期が430日であることを発見した(予測値からの伸びは地球を弾性体と考えれば説明できることを米国のS.ニューカムが証明)。
→関連項目オイラー周期チャンドラー周期

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょくうんどう【極運動 polar wandering】

地球の自転軸が,地球に固定した座標系に対して運動するため,極が地表に相対的に移動すること。1736年にL.オイラーは周期305日(これをオイラー周期という)の極運動を予言した。1888年K.F.キュストナーは極運動によって起こる天文緯度の変化を発見し,S.C.チャンドラーはその周期が430日(これをチャンドラー周期という)であることを確かめた。周期の違いは地球の弾性率を考慮すれば説明がつくことをS.ニューカムが証明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょくうんどう【極運動】

地球の自転軸が、地球に対して、ある中心位置の近傍を移動する現象。地球の北極は上から見ると反時計回りに周期約430日、半径約5メートルのやや不規則な回転を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極運動
きょくうんどう

地球に対する空間軸の動きのこと。地球にはさまざまな軸が考えられ、地球の自転を考えるうえで重要である。地球の慣性主軸(地球の重心を通るさまざまな直線を軸とする回転を考えるとき、地球の慣性モーメントを最大にするもの)の一本は地球をほぼ南北に貫く位置にあり、これを形状軸という。形状軸は地球の自転軸にほぼ一致しているが、一定の向きではなく、いつも空間ですこしずつ向きを変えている。歳差による大きな動きを別にした形状軸の平均的な向きを空間に固定して考えて、これを空間軸という。形状軸の動きには空間に対してほぼ1日周期で小さな円を描く「みそすり運動」と、全体としてゆっくり向きを変える運動とが含まれ、このうち、ほぼ1日周期でみそすり運動をする成分を極運動という。空間軸と地球表面の交点を考えると、この交点は極運動によって北極、南極付近の地表をごくゆっくりと移動し、ほぼ1年周期で半径10メートル足らずの円のような形を描いている。地表に対するこの動きが普通にいう極運動で、地球上で北極、南極が位置を変えるとみなせるため極運動とよばれる。
 極運動の観測方法は1899年(明治32)以降、天頂儀、写真天頂筒などにより恒星を光学的に観測して行われてきた。しかし1980年代に、はるかに精度の高い超長基線電波干渉計(VLBI)のネットワークで電波源を観測する宇宙新技術を使った方法に完全に置き換わった。[長沢 工]
 地球の実体は地球の自転軸に対して揺れ動きながら回転している。この運動を揺動という。地球上にいる観測者には、この揺動が、地球の自転軸が地球の形状軸の周りを反時計回りに回る運動のように見えるので、これを極運動という。極運動は、約430日周期のチャンドラー運動と1年周期の運動および永年運動の合成された約6年周期の複雑な軌道を描く。
 極運動の観測事業は、1899年より国際緯度観測事業、1962年(昭和37)より国際極運動事業、1988年より国際地球回転観測事業で行われている。結果は『理科年表』(丸善)に毎年掲載されている。[若生康二郎]
『長沢工著『天体の位置計算』増補版(1985・地人書館) ▽文部科学省国立天文台編『理科年表』各年版(丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の極運動の言及

【緯度】より

… 測地緯度,地心緯度,地理緯度などは,一度決めてしまうと,地殻変動や採用楕円体が変わらないかぎり変化はしない。しかし天文緯度は地球の極運動によって起こる天文経緯度変化によって,つねに変化している。こまのように心棒(回転軸)とこまの本体が固定しているときは,回転軸が傾いてもこまの本体と回転軸の関係は変化しない。…

【地球】より

… このほか,自転軸が地球の慣性主軸とわずかにずれているために,自転軸は両極を結んだ軸(極軸または形状軸)と一致せず,自転軸は極のまわりをおよそ15mの範囲で移動している。この現象を極運動またはチャンドラー運動といい,約430日周期(チャンドラー周期)の緯度変化として観測される。この現象は人工衛星の軌道変化によっても確かめることができる。…

※「極運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

極運動の関連キーワードオイラーの運動方程式回転座標系慣性系座標系赤道南極北極地軸地動オイラーの周期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極運動の関連情報