コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有剣類 ゆうけんるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有剣類
ゆうけんるい

膜翅目細腰亜目のうち狩人蜂類とハナバチ類をまとめた一群。腹部の第1節が胸部に癒合し前伸腹節となり,第2節が細い腹柄となる細腰亜目の昆虫は,大別して2群に分けられる。一つはヤドリバチ類で,産卵管が錐状となっている群。他の一つはアリガタバチ,ツチバチ,アリ,ベッコウバチ,スズメバチ,ジガバチの6上科からなる狩人蜂類とハナバチ類をまとめた有剣類で,この群は刺す型の産卵管をもち,長細い卵を産む。 (→寄生蜂 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の有剣類の言及

【カリウドバチ(狩人蜂)】より

…有剣類Aculeata(獲物を麻痺させたり敵を防御するための刺針をもつハチ類)の中で,子を育てるために巣をつくり,餌として他の昆虫やクモを狩って与えるハチ類の総称。ベッコウバチジガバチスズメバチの3グループ(上科)を含む。…

【ハチ(蜂)】より

…産卵管は卵を産むために使用されるが,また,産卵に先だって,寄主を麻酔させるときの道具としての役割も果たしている。 第3のグループ有剣類(英名,ハナバチ上科はbee,他はwasp)は,上に述べた有錐類と同じように,腹部の第1と第2の環節の間にくびれをもっている。また,幼虫はうじ状で,胸脚を欠く。…

※「有剣類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有剣類の関連キーワードカリウドバチ(狩人蜂)アリバチ(蟻蜂)ネジレバネ類ハチ(昆虫)カギバラバチアナバチ毒針狩蜂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android