コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産卵管 さんらんかん ovipositor

翻訳|ovipositor

4件 の用語解説(産卵管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産卵管
さんらんかん
ovipositor

昆虫類などの腹端に発達した産卵のための管状突起。主要部は尾端の3対の突起 (陰具片) から成り,卵は輸卵管開口部から産卵管の内腔に送られ,受精嚢の開口部に達し受精される。さらに受精卵は管端にいたり,産み落される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんらん‐かん〔‐クワン〕【産卵管】

昆虫の雌の腹端にある産卵用の管状の器官。魚類でもタナゴなどにみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんらんかん【産卵管】

昆虫の雌の腹端にある管状の産卵用の突起。魚類にもみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産卵管
さんらんかん

産卵のために腹部末端に発達した管状突起で、おもに昆虫がもつ。バッタなど直翅(ちょくし)目の産卵管が典型的である。これは、背片、腹片、内片の三つの部分からなり、輸卵管開口から出た卵は、腹片と内片により形成される導卵溝を通って産み出される。産卵管の大きさや形は、昆虫の種類によってさまざまに異なり、ウマノオバチでは長さ数センチメートルに達し、セミでは木に穴をあけるため、腹片が鋸歯(きょし)状となっている。また、ハチでは産卵管が毒針になっている。一方、魚類でも、二枚貝中に産卵するタナゴなどで、輸卵管が伸びて産卵管となっている。[町田武生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産卵管の関連キーワード陰茎胚盤産卵回遊敷銭人生のための芸術蛸船卵塊えらヒグラシ(蜩)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産卵管の関連情報