有所得(読み)ウショトク

大辞林 第三版の解説

うしょとく【有所得】

〘仏〙 空の真理を理解せず、物事に執着したり、こだわったりすること。 ⇔ 無所得 「空門大悟の心をも猶-とおとす/ささめごと」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょとく【有所得】

〘名〙 仏語。得られるものがあると考えること。物事に執着すること。⇔無所得
※顕戒論(820)下「如有一類長住深山、有所得心、修寂静業、魔知彼心可以動壊、発空中声、讚其行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android