有明湾(読み)ありあけわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有明湾
ありあけわん

九州南部、大隅(おおすみ)半島の東部にある海湾、志布志湾(しぶしわん)の別名。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有明湾の言及

【志布志湾】より

…九州の南東部に太平洋より北西に入りこんでいる湾。有明湾とも呼ぶ。広義には宮崎県串間市の都井(とい)岬より鹿児島県肝属(きもつき)郡内之浦町の火崎までの間をいうが,狭義には北は串間市荒崎より南は高崎までの面積約200km2余の範囲をいう。…

※「有明湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android