大隅(読み)おおすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大隅
おおすみ

鹿児島県東部,曽於市南西部の旧町域。大隅半島の基部にある。 1955年岩川町と恒吉村,月野村の2村が合体して大隅町が成立。 2005年財部町,末吉町の2町と合体して曽於市となった。中心地区の岩川は古くから周辺の行政,経済の中心地。台地では畑作が主で,サツマイモ,野菜が栽培され,デンプン製造業が発達。製材業も盛ん。和牛の飼育も多い。岩川地区の八幡神社で 11月5日に行なわれる弥五郎どん祭りは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおすみ〔おほすみ〕【大隅】

旧国名の一。現在の鹿児島県東部と種子(たねが)島屋久島などの大隅諸島にあたる。隅州(ぐうしゅう)。

おおすみ[人工衛星]

昭和45年(1970)2月に打ち上げられた日本初の人工衛星。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA(ジャクサ))が開発。名称は鹿児島宇宙空間観測所の打ち上げ基地が大隅半島にあったことに由来する。4度の失敗を経て打ち上げに成功。日本は旧ソ連、米国、フランスに次いで4番目に人工衛星保有国になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおすみ【大隅】

旧国名の一。鹿児島県の東部と洋上の大隅諸島・奄美あまみ諸島の地域に当たる。隅州ぐうしゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大隅
おおすみ

鹿児島県東部、曽於(そお)郡にあった旧町名(大隅町(ちょう))。現在は曽於市の南部を占める。旧大隅町は1955年(昭和30)岩川町、恒吉(つねよし)村、月野(つきの)村の3町村が合併し、大隅町と改称。旧国名を町名とした。2005年(平成17)財部(たからべ)町、末吉(すえよし)町と合併、市制施行して曽於市となった。旧大隅町は菱田(ひしだ)川上流にあたり、町域の大部分がシラス台地。国道269号、県道が通じ、鹿屋(かのや)、都城(みやこのじょう)、志布志(しぶし)、国分(こくぶ)への交点にある。江戸時代は島津氏の直轄領。明治に入り、岩川に郡役所が設置され、現在も官公庁の出先機関が多い。基幹産業は農業で、とくに肉牛、ブロイラー、ブタなどの畜産が盛んで、家畜改良センターがある。県下三大祭りの一つ弥五郎(やごろう)どん祭は、巨大な人形を山車(だし)に乗せて練り歩くもので、毎年11月初旬に岩川八幡(はちまん)神社で行われる。[平岡昭利]
『『大隅町誌』(1969・大隅町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おおすみ おほすみ【大隅】

西海道一一か国の一つ。大隅半島と大隅諸島から成り、和銅六年(七一三)日向国から分かれて一国となる。鎌倉時代、島津・北条氏らが守護となり、室町時代以降は島津氏の強力な封建支配下に置かれた。明治四年(一八七一)の廃藩置県により鹿児島県東半部を形成。襲国(そのくに)。隼人国(はやとのくに)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大隅の関連情報