コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機硫黄化合物 ゆうきいおうかごうぶつorganic sulfur compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機硫黄化合物
ゆうきいおうかごうぶつ
organic sulfur compound

分子中に硫黄原子を含む有機化合物の総称。普通は硫黄原子が炭素原子と直接結合したものをいう。硫黄は2価,4価,6価の原子価を有し,それぞれ対応する化合物がある。二価硫黄の含まれる有機化合物は,酸素化合物の酸素原子を硫黄原子で置換した類縁化合物で,酸素化合物の名称にチオ (硫黄の意味) をつけて呼ぶことがある。強い臭気を有するものが多い。天然にも多くの有機硫黄化合物が知られており,ビタミン B1 はその例である。蛋白質中のシスチンメチオニンなどのアミノ酸にも硫黄が含まれている。有機硫黄化合物の例としては,チオール,スルフィド,ジスルフィド,スルホニウム,スルホキシド,スルホン,スルフィン酸,スルホン酸があり,このほかに硫黄を含む複素環式化合物がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

有機硫黄化合物の関連キーワードリチウムポリマー電池有機硫黄殺菌剤リチウム電池ハロゲン化水素化脱硫物質循環脱硫

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android