コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有職読み ユウソクヨミ

デジタル大辞泉の解説

ゆうそく‐よみ〔イウソク‐〕【有職読み】

中世の歌学で、歌人の名を音で読むこと。またはその読み方。藤原俊成(としなり)を「しゅんぜい」、藤原定家(さだいえ)を「ていか」と読むなど。また、近代にそれをまねて有名人の名を音読すること。伊藤博文(ひろぶみ)を「はくぶん」、川端康成(やすなり)を「こうせい」と読むなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうそくよみ【有職読み】

故実こじつ読み 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有職読みの関連キーワード伊藤博文川端康成藤原定家藤原俊成故実

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android