てい

大辞林 第三版の解説

てい

( 副 )
硬い物が当たって出る音を表す語。 「栗原を通れば-と落つる栗あり/田植草紙」

てい

( 連語 )
〔終助詞の「て」と「い」とが重なったもの。近世上方語〕
文末に付いて、軽く言い張る気持ちを表す。てや。 「はて何んにも無い-/浄瑠璃・道成寺現在蛇鱗」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ていの関連情報