コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊成 ふじわらの

13件 の用語解説(藤原俊成の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤原俊成

平安後期・鎌倉初期の歌人・公卿。藤原定家の父。初名顕広。正三位に進んだのち俊成と改名。病のため出家し、釈阿と号す。数多くの歌合の判者を務めた他、後白河院の命により『千載集』を撰進し、後鳥羽院の再興した和歌所の寄人にも加えられ、歌壇の長老の地位を築いた。家集に『長秋詠藻』『俊成家集』、歌論書に『古来風体抄』等がある。元久元年(1204)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐しゅんぜい〔ふぢはら‐〕【藤原俊成】

[1114~1204]平安後期の歌人。名は「としなり」とも。定家の父。法名、釈阿。幽玄体の歌を確立し、王朝歌風の古今調から中世の新古今調への橋渡しをした。後白河院の院宣により、「千載和歌集」を撰進。家集「長秋詠藻」、歌論書「古来風体抄」など。

ふじわら‐の‐としなり〔ふぢはら‐〕【藤原俊成】

ふじわらのしゅんぜい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤原俊成【ふじわらのしゅんぜい】

藤原俊成(としなり)

藤原俊成【ふじわらのとしなり】

平安末期の歌人。〈しゅんぜい〉とも。法名釈阿。定家の父。幼いころ葉室顕頼の養子となったが,54歳のとき生家・御子左家に帰る。その以前から六条派主導の歌壇の風潮に対立し,新風の推進者として活躍していたが,やがて歌壇の重鎮と目されるようになり,歌の家としての御子左家の位置を確立した。
→関連項目歌論狂言綺語源氏物語山家集時雨亭文庫新古今和歌集平忠度たまきはる藤原家隆藤原清輔藤原定家藤原俊成女源家長日記源光行六百番歌合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊成 ふじわらの-としなり

1114-1204 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
永久2年生まれ。藤原俊忠の3男。母は藤原敦家(あついえ)の娘。正三位,皇太后宮大夫。五条三位とよばれる。藤原基俊(もととし)に歌学をまなび,源俊頼に私淑。幽玄美をとなえ,子の定家ら「新古今和歌集」の歌人をそだてた。「千載和歌集」の撰者で,歌は勅撰集に四百余首はいっている。元久元年11月30日死去。91歳。初名は顕広。法名は釈阿。家集に「長秋詠藻」,歌論書に「古来風体抄」など。
【格言など】世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる(「小倉百人一首」)

藤原俊成 ふじわらの-しゅんぜい

ふじわらの-としなり

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原俊成

没年:元久1.11.30(1204.12.22)
生年:永久2(1114)
平安・鎌倉時代の歌人。父は権中納言藤原俊忠,母は伊予守藤原敦家の娘。10歳で父に死別。葉室顕頼の養子となり,初め顕広と名乗ったが,のちに本家に戻り,俊成と改名。初め『為忠家百首』など藤原為忠の催しに参加,また25歳のとき藤原基俊の門弟になるなどして,歌人としての基礎を形成した。崇徳上皇主催の『久安百首』(1150)の作者となり,かつその部類を任されて頭角を現す。『中宮亮重家朝臣家歌合』(1166)など,50代のころより数多くの歌合の判者を務めて歌界の中心人物と目されるようになった。そして九条兼実の歌道師範となり,『千載和歌集』(1188)の選者となるにおよんで,第一人者の地位を不動のものとした。以後最晩年にかけても創作意欲はいっこうに衰えず,『守覚法親王家五十首』(1199)や『正治二年初度百首』(1200)など,多数の和歌作品を残す。また,息子の定家ら新風歌人の指導にも当たり,『新古今和歌集』(1205)や中世和歌の表現形成に,大きく寄与した。 その歌風は,不遇感をベースにした濃厚な主情性を本質とする。一方,短詩型文学である和歌の言葉の機能を熟知した,繊細な表現意識をも併せ持ち,古歌や王朝物語の情趣を大胆に導入する新技法(本歌取,物語取)を開発した。その表現意識は,式子内親王に献じられた歌論書『古来風躰抄』(1197)のほか,『六百番歌合』(1193年ごろ)などの数多くの歌合判詞からも窺われる。他に『古今問答』『万葉集時代考』などの歌学書があり,家集に『長秋詠藻』『俊成家集』が存する。<参考文献>松野陽一『藤原俊成の研究』,久保田淳『新古今歌人の研究』,谷山茂『藤原俊成 人と作品』(『谷山茂著作集』2巻)

(渡部泰明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのとしなり【藤原俊成】

1114‐1204(永久2‐元久1)
平安末期の歌人。〈しゅんぜい〉ともよばれる。参議俊忠の子。幼年期葉室顕頼の養子として顕広と称したが,54歳から父の御子左家(みこひだりけ)に帰り,俊成と改名。法名釈阿。最終官は正3位皇太后宮大夫。藤原基俊に和歌を学び,《為忠家両度百首》(1132‐36ころ),《述懐百首》(1140‐41)などの力詠で崇徳院の殊遇を受け,《久安百首》の部類も下命された。そのころから六条派主導の観念的な古典追随,万葉好尚の風潮と対立,《古今集》以来の優美な抒情に和歌の芸術性を認め,さらに時代の感性をとらえた幽玄・優艶な余情美を表現して,新風の推進者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのしゅんぜい【藤原俊成】

〔名は「としなり」とも〕 (1114~1204) 平安末期・鎌倉初期の歌人・歌学者。名は初め顕広。法号、釈阿。定家の父。五条三位と称された。後白河院の命により「千載和歌集」を撰進。古典主義的立場に立ち幽玄の理念を樹立、王朝和歌を統合的に継承するとともに中世和歌の出発点を築いた。歌論「古来風体抄」、家集「長秋詠藻」などのほか、書の名筆を多く遺す。

ふじわらのとしなり【藤原俊成】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原俊成
ふじわらのしゅんぜい

「藤原俊成 (ふじわらのとしなり)」のページをご覧ください。

藤原俊成
ふじわらのとしなり

[生]永久2(1114)
[没]元久1(1204).11.30. 京都
平安時代後期~鎌倉時代前期の歌人。「しゅんぜい」とも読む。俊忠の子。定家の父。幼いとき父と死別し,民部卿顕頼の養子となり,顕広といった。俊成と改名したのは,実家の御子左 (みこひだり) 家に復帰した 54歳のときである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原俊成の言及

【藤原俊成】より

…平安末期の歌人。〈しゅんぜい〉ともよばれる。参議俊忠の子。幼年期葉室顕頼の養子として顕広と称したが,54歳から父の御子左家(みこひだりけ)に帰り,俊成と改名。法名釈阿。最終官は正3位皇太后宮大夫。藤原基俊に和歌を学び,《為忠家両度百首》(1132‐36ころ),《述懐百首》(1140‐41)などの力詠で崇徳院の殊遇を受け,《久安百首》の部類も下命された。そのころから六条派主導の観念的な古典追随,万葉好尚の風潮と対立,《古今集》以来の優美な抒情に和歌の芸術性を認め,さらに時代の感性をとらえた幽玄・優艶な余情美を表現して,新風の推進者となった。…

【藤原俊成女】より

…鎌倉前期の女流歌人。俊成(しゆんぜい)卿女ともよばれる。尾張守藤原盛頼女で,母は俊成女の八条院三条。正しくは俊成の孫であるが,養女として育てられる。源通具に嫁したが,のち後鳥羽院に出仕して別居。〈風通ふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢〉(《新古今集》)など,艶麗な詠風に特色を示し,宮内卿らと並び称された。家集《俊成卿女集》,歌論《越部禅尼消息》など。勅撰集入集117首。【上条 彰次】…

【艶】より

…歌学用語としても,平安時代すでに歌合判詞や歌論の類に見え,しだいに和歌の美的範疇を表す評語となる。藤原俊成の意識した艶の美には,《源氏物語》の〈もののあはれ〉を受け継ぎ,さらに余情美を求めようとする傾斜が認められる。中世以降には艶を内面化しようとする傾向が強まり,心敬の連歌論《ささめごと》などに見える〈心の艶〉〈冷艶〉の美は,その極致とされる。…

【歌論】より

…〈心〉の重視を言いつつ,〈詞をかざり詠むべきなり〉とも言って,〈言葉〉の尊重,言語世界の自立をも示唆している点が斬新であった。
【中世】
 中世の最初を飾るのは,藤原俊成《古来風体抄(こらいふうていしよう)》である。式子内親王の依頼によって執筆したもので,成立は1197年(建久8)である。…

【源氏物語】より

…《源氏物語》以降の物語が《栄華物語》のような歴史物語をも含めて,すべてその強大な影響力を受けていることは今さらいうまでもなく,特に鎌倉時代の擬古物語では,用語の末々まで模していることが多い。歌壇もまたその影響は免れず,平安末期には〈源氏に寄する恋〉という歌題ができて多くの歌が詠まれており,藤原俊成の〈源氏見ざる歌よみは遺恨の事なり〉とか藤原良経の〈紫式部が源氏,白氏が文集,身に添へぬ事はなし〉などの賛辞が続いた。こうした人々の中から〈物語沙汰する人〉,つまり研究者が現れた。…

【古来風体抄】より

…〈こらいふうたいしょう〉とも読む。藤原俊成の歌論として唯一のまとまったもの。2巻。…

【千載和歌集】より

…20巻。撰者は釈阿(しやくあ)(藤原俊成)。1183年(寿永2)後白河院の院宣によって撰集下命,88年(文治4)に成る。…

【短歌】より

…自然および社会の秩序に絶対的な信頼をよせる明快な世界観および明晰な言語観は,その切れ味のよい理知性とともに以後の短歌の規範とされたのであった。その後,《後撰和歌集》《拾遺和歌集》以下次々と勅撰集が出され,曾禰好忠(そねのよしただ),源経信,源俊頼らが用語,素材などにおいて革新的な立場をとって保守派と対立することで歌壇は活気づいたが,やがて藤原俊成が登場して新旧両派の歌風を統一,中世短歌の土台を築くのであった。なお,中古の時代に入って,上句(5・7・5)と下句(7・7)とが分離する傾向が見えはじめ,いわゆる七五調が優勢になってくる。…

【長秋詠藻】より

藤原俊成の家集。1178年(治承2)3月に自撰し,仁和寺守覚法親王に奉った。…

【深草】より

…【野田 只夫】
[歌枕]
 深草は中央南北に大和街道(奈良街道)が通じているので詠作が多く,皇室や権門の葬場でもあったので哀傷の作も多い。《千載集》巻四の〈夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里〉は藤原俊成が自作の最高の作と人々に語った(《無名抄》)歌として著名である。深草少将(伏見区西桝屋町の欣浄寺(ごんじようじ)がその宅址と伝える)が山科小野の随心院にあった小野小町の宅へ百夜(ももよ)通った伝説があり,謡曲《通小町(かよいこまち)》《卒都婆小町》《墨染桜》などに劇化されている。…

【細み】より

…蕉風俳諧の美的理念の一。作者の心が対象の微妙な生命の急所にしみとおってゆき,そこに風雅の伝統の細き一筋を感得すること,およびその感得したものを句ににないこむ気味合いをいう。去来は〈細みは便りなき句にあらず。……細みは句意にあり〉(《去来抄》)といい,芭蕉が路通の〈鳥共も寝入てゐるか余吾(よご)の海〉という句を〈此句細みあり〉と評したと伝えている。早く中世においては俊成などが〈心深し〉〈心細し〉という評語をしきりに用い,作者の思い入る心の深さ,細さを称美しているが,連歌でも心敬がこれを承けて〈秀逸と侍ればとて,あながちに別の事にあらず。…

【本歌取り】より

…しかし,このころはまだ修辞的な技巧としては意識されていない。意識的な技巧として推進したのは藤原俊成で,《新古今和歌集》は本歌取りの全盛時代に成立している。それまでは〈盗古歌〉と考えて,本歌取りを避ける主張もあった(藤原清輔《奥儀抄》)。…

【御裳濯河歌合】より

…成立は奥州から帰った1187年(文治3)ころか。西行が自己の秀歌72首を選び,左方を山家客人,右方を野径亭主として36番の歌合に構成し,藤原俊成に判を依頼したもの。同じく西行の自歌合《宮河歌合》(定家判)と一体のものであるが,後世自歌合の最初と言われている。…

【幽玄】より

…日本では,仏典などの用例以外,《古今集》真名序に〈興入幽玄〉とあるのが文学的用例としての初出。以後,〈此体,詞雖凡流,義入幽玄〉(《忠岑十体》高情体),〈義以通幽玄之境〉(《中宮亮顕輔歌合》基俊判),〈余情幽玄体〉(《作文大体》)など,しだいに余情美への傾斜を示す用例を経て,中世初頭,藤原俊成が歌合判詞類に14例用いるにおよび,重要な歌学用語となった。その内容については諸説あるが,心細く寂しい美や優艶美さらに長高美などの複合した,縹渺(ひようびよう)とした余情美の性質を示すだけでなく,対象に深く浸透する表現態度をも内包する。…

【六百番歌合】より

…《後京極殿百首歌合》《左大将家百首歌合》ともいう。作者は左が,藤原良経・同季経・同兼守・同有家・同定家・顕昭,右が,藤原家房・同経家・同隆信・同家隆・慈円・寂蓮の計12人,判者は藤原俊成。各人が春15首・夏10首・秋15首・冬10首・恋50首の百題百首を詠進し,それを600番に結番した百首歌形式の歌合。…

※「藤原俊成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原俊成の関連キーワード桜町中納言四納言西園寺実材母藤原家通藤原公通藤原実行藤原親家(1)藤原雅長藤原宗家藤原頼資

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原俊成の関連情報