有馬稲子(読み)ありま いねこ

  • 有馬稲子 ありま-いねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1932- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和7年4月3日生まれ。昭和23年宝塚歌劇団にはいり,娘役で人気をえる。28年東宝の「ひまわり娘」で映画デビュー。30年松竹にうつり「浪花の恋の物語」などで好演。36年中村錦之と結婚,40年離婚。「奇跡の人」「はなれ瞽女(ごぜ)おりん」など舞台を中心に活躍。大阪出身。宝塚音楽学校卒。本名は中西盛子(みつこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有馬稲子の関連情報