服部 敏良(読み)ハットリ トシロウ

20世紀日本人名事典の解説

服部 敏良
ハットリ トシロウ

昭和期の医師 元・山下病院院長。



生年
明治39(1906)年11月15日

没年
平成4(1992)年6月16日

出生地
岐阜県山県郡高富町

学歴〔年〕
名古屋医科大学卒

学位〔年〕
医学博士(名古屋大学)〔昭和7年〕,文学博士(駒沢大学)〔昭和48年〕「日本中世医学史の研究

主な受賞名〔年〕
中日文化賞(第18回)〔昭和40年〕「日本医学史 殊に鎌倉時代医学史の研究」

経歴
昭和7年名古屋医科大学園田内科教室に入局、名古屋大学医学部、名古屋市立大学医学部、愛知医科大学各講師を務めた。この間、山下病院院長として医療に携わりながら、独学で医学史の研究を進めた。54年院長を退任し、院長顧問となる。著書に「奈良時代医学の研究」「平安時代医学の研究」「鎌倉時代医学史の研究」「室町・安土・桃山時代医学史の研究」「江戸時代医学史の研究」「日本医学史の研究」「王朝貴族の症状診断」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android