望月半山(読み)もちづき はんざん

朝日日本歴史人物事典の解説

望月半山

生年:生没年不詳
江戸後期の蒔絵師。小川破笠の門人で2代破笠を称する。江戸福井町(台東区浅草橋)に住んだが,邸内に梅の大樹が植わっていたところから「梅の木の半山」と呼ばれたという。高名なわりには現存する作品が少ないが,代表作と目される「舞楽蒔絵提箪笥」(個人蔵)などをみる限り,師破笠の写実的,文人趣味的な傾向に装飾性を加味した作風だったようである。なお,半山の作品は,破笠同様海外でももてはやされ,今日でも西欧の美術館の収蔵品中に半山作を称する作品をいくつか見いだすことができる。<参考文献>風俗絵巻図書刊行会編『蒔絵師伝・塗師伝』

(小松大秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android