コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破笠細工 ハリツザイク

3件 の用語解説(破笠細工の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はりつ‐ざいく【破×笠細工】

江戸中期の漆芸家小川破笠が創始した漆芸品。蒔絵(まきえ)に鉛・錫・貝・陶片・象牙・堆朱(ついしゅ)などを嵌入(かんにゅう)するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はりつざいく【破笠細工】

漆芸技法の一つで,貝,牙角(がかく),陶片,板金などを蒔絵(まきえ)と併用して文様を表したもの。江戸中期の漆芸家小川破笠(1663‐1747)が得意としたところから名づけられた。破笠は名は観,通称平助。字は尚行,また卯観子,笠翁,夢中庵などと号す。伊勢に生まれ,のち江戸に出て松尾芭蕉に俳諧を学び,また絵を英一蝶や土佐派に学んだという。さらに陶芸,漆芸にも手を染めたが,特に漆芸においてその名が高い。若年のころ弊衣をまとい竹笠をかぶって木曾山中をさまよい,〈乞食にもかくはなられぬ案山子かな〉と吟じたところから,破笠と号したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はりつざいく【破笠細工】

元禄(1688~1704)頃に破笠の創始した蒔絵まきえ細工。陶片・鉛・貝・堆朱ついしゆなどをはめ込んで文様を表すもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

破笠細工の関連キーワード夾紵芝山細工点推定賀客木地蝋塗漆芸石井勇吉大西勲北村昭斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone