コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破笠細工 ハリツザイク

世界大百科事典 第2版の解説

はりつざいく【破笠細工】

漆芸技法の一つで,貝,牙角(がかく),陶片,板金などを蒔絵(まきえ)と併用して文様を表したもの。江戸中期の漆芸家小川破笠(1663‐1747)が得意としたところから名づけられた。破笠は名は観,通称平助。字は尚行,また卯観子,笠翁,夢中庵などと号す。伊勢に生まれ,のち江戸に出て松尾芭蕉に俳諧を学び,また絵を英一蝶や土佐派に学んだという。さらに陶芸,漆芸にも手を染めたが,特に漆芸においてその名が高い。若年のころ弊衣をまとい竹笠をかぶって木曾山中をさまよい,〈乞食にもかくはなられぬ案山子かな〉と吟じたところから,破笠と号したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はりつざいく【破笠細工】

元禄(1688~1704)頃に破笠の創始した蒔絵まきえ細工。陶片・鉛・貝・堆朱ついしゆなどをはめ込んで文様を表すもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

破笠細工の関連キーワード三浦乾也望月半山堆朱元禄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android