コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月氏 もちづきうじ

世界大百科事典 第2版の解説

もちづきうじ【望月氏】

平安末期~戦国時代にかけて,現在の長野県北佐久郡望月町付近に根拠を有した武士。信濃の旧族とされる滋野(しげの)氏の分流で,滋野為通の三男広重が望月牧の牧監(もくげん)として土着し,望月三郎を称したことに始まるとされる。平安末期,保元の乱(1156)に従った武士に望月氏がみえ,その後,治承・寿永の内乱に際しては源義仲に従い,鎌倉幕府成立後御家人となった。望月氏は鎌倉幕府滅亡後,北条時行を擁して起こした中先代の乱(1335)に与(くみ)した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

望月氏の関連キーワード望月[町]滋野氏

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

望月氏の関連情報