コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月氏 もちづきうじ

1件 の用語解説(望月氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もちづきうじ【望月氏】

平安末期~戦国時代にかけて,現在の長野県北佐久郡望月町付近に根拠を有した武士。信濃の旧族とされる滋野(しげの)氏の分流で,滋野為通の三男広重が望月牧の牧監(もくげん)として土着し,望月三郎を称したことに始まるとされる。平安末期,保元の乱(1156)に従った武士に望月氏がみえ,その後,治承・寿永の内乱に際しては源義仲に従い,鎌倉幕府成立後御家人となった。望月氏は鎌倉幕府滅亡後,北条時行を擁して起こした中先代の乱(1335)に与(くみ)した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

望月氏の関連キーワード笠懸借上青江物一字三礼古備前富樫四句神歌神木入洛二句神歌半首

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

望月氏の関連情報