分流(読み)ぶんりゅう

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐りゅう〔‐リウ〕【分流】

[名](スル)
水や電気などの流れで、本流から分かれて流れること。また、分けて流すこと。また、その流れ。「河口近くで分流する」
中心となる系統から枝分かれした流派分派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんりゅう【分流】

( 名 ) スル
本流から分かれて流れること。また、その流れ。 「利根川から-して東京湾に注ぐ放水路」
本派から分かれ出た派。分派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の分流の言及

【川】より

…日本では扇状地にみられる。 1本の川には,一般に多数の川が次々に集まってくるが,水量,河道の長さ,流域の広さなどにおいて有力なものを幹川あるいは本流と呼び,幹川に合流するものを支川(支流),幹川から分派して直接海に入るか再び幹川に合流するものを派川または派流(分流)という。これら全体を総称して水系または河系とよぶ。…

※「分流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分流の関連情報