コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝に夕べを謀らず アシタニユウベヲハカラズ

デジタル大辞泉の解説

朝(あした)に夕べを謀(はか)らず

《「春秋左伝」昭公元年から》朝にその日の夕方のことを考えないの意から、先のことを考えない、また、考える余裕がないことをいう。朝に夕べ(おもんぱか)らず。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしたにゆうべをはからず【朝に夕べを謀らず】

〔左氏伝 昭公元年
事情が切迫していて、先行きのことを考えるゆとりがない。朝、夕に及ばず。
長期的な見通しをもたず、その場限りの生き方をしていること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝に夕べを謀らずの関連キーワード明日・朝左氏伝生き方見通し先行きゆとり

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android