余裕(読み)ヨユウ

デジタル大辞泉「余裕」の解説

よ‐ゆう【余裕】

必要分以上にりがあること。また、限度いっぱいまでには余りがあること。「金に余裕がある」「時間の余裕がない」「まだ席に余裕がある」
ゆったりと落ち着いていること。心にゆとりがあること。「余裕の話し振り」「周りを見る余裕もない」
[類語](1余り残り残余残部残物余剰剰余余分余計端数おこぼれはした半端ざん/(2ゆとり余地ゆったり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「余裕」の解説

よ‐ゆう【余裕】

〙 余りがあってゆたかであること。ありあまること。また、ゆったりとしていること。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)一五「兄弟の中がよければ、綽々然としてよゆうがあるぞ」 〔孟子‐公孫丑・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「余裕」の解説

【余裕】よゆう

ゆとり。〔孟子、公孫丑下〕官守無く、我に言責無きなり。則ち吾が綽綽(しやくしやく)然として、餘らざらんや。

字通「余」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android