コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝忠 ともただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝忠 ともただ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の人,のち美作(みまさか)(岡山県)にうつる。承元(じょうげん)(1207-11)のころに活躍。後鳥羽(ごとば)上皇の命で設置された24人番鍛冶(ばんかじ)のひとりとして,実経(さねつね)とともに10月をうけもったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝忠の関連キーワード天徳内裏歌合小倉百人一首三十六歌仙本院侍従牧志朝忠児島高徳天徳歌合荻野朝忠藤原朝忠藤原穆子空名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android