コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承元 ショウゲン

大辞林 第三版の解説

しょうげん【承元】

じょうげん【承元】

年号(1207.10.25~1211.3.9)。建永の後、建暦の前。土御門つちみかど・順徳天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうげん【承元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1207年から1211年まで、土御門(つちみかど)天皇、順徳(じゅんとく)天皇の代の元号。前元号は建永(けんえい)。次元号は建暦(けんりゃく)。1207年(建永2年)10月25日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『通典(つうてん)』を出典とする命名。この時期、朝廷では後鳥羽(ごとば)上皇による院政が行われていた。承元年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)。執権は北条義時(よしとき)(2代)。1210年(承元4)、土御門天皇は父帝後鳥羽上皇の意向で異母弟の順徳天皇に譲位した。鎌倉幕府に敵愾心を燃やしていた後鳥羽は、穏和な性格の土御門では心もとないとして、気性の激しい順徳への譲位を迫ったといわれる。土御門は上皇となったが、引き続き後鳥羽による院政が行われた。また、承元年間には「承元の法難」と呼ばれる、法然(ほうねん)の率いる教団への弾圧があった。後鳥羽上皇により専修念仏(せんじゅねんぶつ)を禁じられ、法然の高弟4人が死罪、法然と弟子の親鸞(しんらん)らは流罪となった。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

承元の関連キーワード尊快入道親王(1)尊守法親王(1)藤原親実(1)源兼忠(2)無着・世親像出羽房雲厳粛子内親王国友(1)貞次(1)顕昭(1)隆憲(1)尊円法親王湯浅宗弘坊門隆清災異改元近衛道経藤原資頼藤原定能藤原基教海住山寺

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承元の関連情報