コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日貝殻山貝塚 あさひかいがらやまかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

あさひかいがらやまかいづか【朝日貝殻山貝塚】

愛知県西春日井郡清洲町朝日に所在する弥生時代前期の貝塚。1929年発見され,鳥居竜蔵らが調査。48年愛知学芸大学,56年名古屋大学が発掘した。貝塚は径15mの円形,厚さは1.8m。西日本系前期弥生式土器(遠賀川式土器)を多量に出土し,混在して縄文文化系統の条痕土器も検出され,両文化の交渉を示す資料として研究が進められている。石器には,大型の剝片石器と打製石鏃があり,骨角器には,鏃,銛,尖頭器弓筈(ゆはず),腰飾などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の朝日貝殻山貝塚の言及

【清洲[町]】より

…近年名古屋市のベッドタウンとして住宅地化が進む。朝日地区から北の春日村にかけて朝日貝殻山貝塚(県史跡)があり,弥生時代の出土品を展示する貝塚資料館もある。町の中央部には清須城跡の清洲公園があり,春に桜まつりが催される。…

※「朝日貝殻山貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝日貝殻山貝塚の関連キーワード清洲[町]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android