コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰飾 こしかざり

世界大百科事典 第2版の解説

こしかざり【腰飾】

縄文時代後・晩期の埋葬人骨の腰部付近から発見される例の多い鹿角製の装身具で,猪牙製,獣骨脊椎骨製のものもある。形態は種々あり一様ではないが,典型的なものは全体が〈く〉の字状を呈し,一端に身と平行する穴があけられ,もう一方には身と直交する穴があけられる。先端部はとがったり,石棒の頭部のように亀頭状を呈するものがある。横断面は〈U〉字状に掘り込まれる。腰飾が数多く発見された愛知県吉胡貝塚などの例では,男性人骨に伴出したものが圧倒的に多く,同じ装身具でも女性人骨に伴出例の多い貝輪とは対照的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

腰飾の関連キーワード朝日貝殻山貝塚津雲貝塚刀子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android