コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鳥の アサトリノ

デジタル大辞泉の解説

あさとり‐の【朝鳥の】

[枕]朝、飛び立つ鳥が、鳴いて行き通う意から「朝立ち」「音(ね)のみなく」「通ふ」にかかる。
「―朝立ちしつつ」〈・一七八五〉
「―通はす君が」〈・一九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あさとりの【朝鳥の】

( 枕詞 )
鳥が早朝ねぐらから飛び立ち、鳴き交わし、行き交うことから「朝立ち」「音泣く」「通う」にかかる。 「 -朝立ちしつつ/万葉集 1785」 「 -音のみ泣きつつ/万葉集 481」 「 -通はす君が/万葉集 196

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝鳥のの関連キーワード朝立ち万葉集鵼鳥の朝鳥

朝鳥のの関連情報