木の道の工(読み)キノミチノタクミ

精選版 日本国語大辞典の解説

き【木】 の 道(みち)の工(たくみ)

大工、指物師など木材を使って細工する職人。木の道。こだくみ。
※源氏(1001‐14頃)帚木「きのみちのたくみの、万の物を心に任せて作り出だすも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android