コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木倉太郎兵衛 きのくら たろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木倉太郎兵衛 きのくら-たろべえ

?-? 江戸時代前期の治水家。
肥後(熊本県)益城郡(ましきぐん)木倉郷の総庄屋。寛永-天和(てんな)(1624-84)のころ御船,木倉,七滝,滝尾の各村に井堰(いせき)11ヵ所,総延長約50kmの用水路をつくり,約100haの畑を水田にきりかえた。名は惟豪。通称は太郎右衛門とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android