コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木内信蔵 きうち しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木内信蔵 きうち-しんぞう

1910-1993 昭和時代の人文地理学者。
明治43年11月19日生まれ。昭和29年東大助教授のとき教養学部に人文地理学教室を創設し,都市地理学の基礎をかためる。31年同大教授,のち成城大教授。34年ベルリン地理学協会から日本人初のカール-リッター賞をうけた。平成5年4月7日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「都市地理学原理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木内信蔵の言及

【都市地理学】より

…後者に関しては,初期の形態(平面型,立面型)的分類から,都市域内部での諸機能の凝集性や背離性などによる機能地域の分化や,それらの分化した地域配置による都市内部の地域構造論,さらに都市内部システム論にまで発展している。 日本の都市地理学の発達は第2次大戦前はやや遅れがみられるが,戦後は,木内信蔵《都市地理学研究》(1951)の出版以来急速な発展をみせ,世界の潮流に伍してひけをとらない。現在の日本の地理学でも,最も活発な研究活動の行われている分野である。…

※「木内信蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木内信蔵の関連キーワードメガロポリス(巨帯都市)メトロポリス昭和時代立地論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android