コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木喰上人 もくじきしょうにん

防府市歴史用語集の解説

木喰上人

 江戸時代中頃の僧で、61歳の時に全国をまわりながら、仏像をほって歩きました。防府にも82歳の時に訪れ、たくさんの仏像を残しています。これらの仏像はまゆが濃く、おだやかな表情をしており、木喰仏[もくじきぶつ]と呼ばれます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

木喰上人の関連キーワード木喰の里微笑館猪名川(町)木食五行柳 宗悦木の実下部

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木喰上人の関連情報