コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木喰応其 もくじきおうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木喰応其
もくじきおうご

[生]天文5(1536)/天文6(1537)
[没]慶長13(1608).10.1. 近江
室町時代末期の真言宗の僧。興山上人ともいう。字,順良。号,日斎。天正 13 (1585) 年4月に豊臣秀吉の高野山攻めを仲介して和議斡旋に成功。以来秀吉の帰依を受け,大仏殿造営,興山寺の造立などにあたり,文禄3 (1594) 年3月には秀吉から高野山諸伽藍再興の監督を命じられた。関ヶ原の戦い後は近江飯導寺に隠居し,近衛龍山 (前久) と交際,また里村紹巴連歌を学び,『無言抄』 (3巻,1608) を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

木喰応其の関連キーワード木喰上人連歌式目橋本市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android