木宮 泰彦(読み)キミヤ ヤスヒコ

20世紀日本人名事典の解説

木宮 泰彦
キミヤ ヤスヒコ

大正・昭和期の歴史学者,教育家 常葉学園創設者。



生年
明治20(1887)年10月15日

没年
昭和44(1969)年10月30日

出生地
静岡県浜名郡入野村(現・浜松市)

学歴〔年〕
東京帝国大学国史科〔大正2年〕卒,京都帝国大学大学院

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章

経歴
静岡県入野村(現・浜松市)にある雲龍寺の二男として生まれる。大正9年山形高校、12年水戸高校、昭和2年静岡高校教授を歴任、21年同校校長事務取扱を最後に退官。同年静岡女子高等学院(現・常葉学園)を創立、34年理事長。41年常葉女子短期大学を開学、学長に就任。著書に「栄西禅師」「日支交通史」「日本古印刷文化史」「日本民族と海洋思想」「日華文化交流史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android