コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸常陽 きど じょうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸常陽 きど-じょうよう

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
岸本調和の門人。江戸根岸の稲荷神社神職元禄(げんろく)9年(1696)刊「若葉合」(多賀谷岩翁(たがや-がんおう)編)に独吟歌仙1巻がおさめられている。編著「華担籠(はなおうご)」がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木戸常陽の関連キーワード岸本調和常陽俳人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android