コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本調和 きしもと ちょうわ

3件 の用語解説(岸本調和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本調和 きしもと-ちょうわ

1638-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永15年生まれ。陸奥(むつ)岩代(いわしろ)(福島県)の人。江戸の石田未得(みとく)に師事。俳諧(はいかい)宗匠としてたち,大名や旗本を門人にもち勢力をほこったが,松尾芭蕉(ばしょう)らの台頭で前句付点者に転向した。正徳(しょうとく)5年10月17日死去。78歳。別号に土斎,壺瓢軒。俳諧撰集に「富士石」,前句付集に「洗朱(あらいしゅ)」。
【格言など】此(この)一句衆議判はなし木枯の(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸本調和

没年:正徳5.10.17(1715.11.12)
生年:寛永15(1638)
江戸前期の俳人。別号に壺瓢軒,士斎。奥州浅香山あたりの出身で,寛文中期ごろ,江戸に出る。芝,日本橋一丁目,浅草山谷と転居。俳諧は荻野安静門と伝えられるが,石田未得との関係が深く,また内藤風虎文学サロンの一員でもあった。延宝7(1679)年『富士石』刊行以後,延宝期には江戸を代表する宗匠となる。貞享・元禄期(1684~1704)には蕉門の台頭により影が薄くなるが,加点俳諧に専心して『洗朱』『十の指』などの前句付集を刊行。元禄期の江戸における俳諧宗匠のあり方を示唆する,典型的な俳人。<参考文献>荻野清「岸本調和の一生」(『俳文学叢説』)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きしもとちょうわ【岸本調和】

1638~1715) 江戸前・中期の俳人。奥州岩代国の人。武士階級を中心に門人を拡大し、江戸俳壇で最大勢力を誇ったが、蕉門の擡頭で退潮。著「富士石」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岸本調和の言及

【調和】より

…江戸前期の俳人。姓は岸本,名は友正。通称は猪右衛門。陸奥岩代の人という。30歳前後から江戸住。初め安静門,のち未得に従う。1668年(寛文8)以前すでに宗匠として立っており,76年(延宝4)ころ《石亀集》を編んだが未刊,79年に《富士石》を上梓,以後貞享初めまでに《金剛砂》《題林一句》《ひとつ星》などを刊行,大名,旗本らの多数を擁して,その勢力を誇示した。その後は活動の分野を〈前句付〉へひろげ,《洗朱(あらいしゆ)》《風月の童(わらわ)》《相槌》《十の指》など高点句集を刊行,不角らとともに有力な点者となった。…

※「岸本調和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸本調和の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道竹村鶴叟半井和年宝賀轍士石出烏旭如風長隠(1)横田艶士

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone