木皮蛾(読み)キノカワガ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木皮蛾 (キノカワガ)

学名:Blenina senex
動物。ヤガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きのかわ‐が きのかは‥【木皮蛾】

〘名〙 ヤガ科のガ。体長一八~二〇ミリメートル、はねの開張四〇ミリメートル内外。体、はねともに灰緑色から灰緑褐色、うしろばねと腹部暗褐色で、はねの内側が淡い。前ばねには多数の起立した鱗粉が盛り上がっている。夏に羽化し、成虫は越冬する。濃黄色で褐色条紋のあるボート形の繭をつくる。本州以南に分布

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android