コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木質化 モクシツカ

デジタル大辞泉の解説

もくしつ‐か〔‐クワ〕【木質化】

[名](スル)植物の細胞壁にリグニンが沈着して、組織が堅くなること。木化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

木質化

 木化ともいう.植物の細胞壁がリグニンの蓄積によって強くなる現象.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の木質化の言及

【リグニン】より

…木材中の20~30%を占め,セルロースと結合した状態で存在する。高等植物では生育に伴い道管,仮道管,繊維などの組織でリグニンの合成が始まり,いわゆる木化(木質化)が進行する。木化は生長のかなり初期から始まり,リグニンは合成されつづけて,やがて細胞間に強固な構造をつくりあげる。…

※「木質化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木質化の関連キーワードオヤマノエンドウ(お山の豌豆)ミヤマホタルカズラ(深山蛍蔓)ゲッカビジン(月下美人)ダイウイキョウ(大茴香)マツカゼソウ(松風草)コウボウムギ(弘法麦)キリンソウ(黄輪草)キンマ(蒟醬)ダイフウシノキメジロホオズキゴゼンタチバナワタ(棉∥綿)トウツルモドキオクシペタルムマーガレットクラムヨモギバイオレットジュズサンゴクズ(葛)ヤマハッカ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android