コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末光源蔵 すえみつ げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末光源蔵 すえみつ-げんぞう

1878-1932 大正-昭和時代前期の官吏,実業家。
明治11年生まれ。44年中国にわたり関東都督府警部となり,鉄嶺,撫順,奉天(現瀋陽)の警察署長をつとめる。退官後実業界にはいり,奉天で綿花工場を経営し,奉天温泉社長となる。大正14年奉天地方委員会議長。昭和7年9月23日死去。55歳。大分県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末光源蔵の関連キーワード満州国東京(都)犬養毅内閣斎藤実内閣目黒(区)詩と詩論エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone