本屋宗七(読み)ほんや そうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本屋宗七 ほんや-そうしち

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
初代増山金八の門弟で,5代岩井半四郎付作者。寛政9年(1797)本屋宗七を名のり,文化4年江戸中村座で二枚目作者,10年森田座で立(たて)作者となる。荒事師のせりふを得意とした。江戸出身。前名は武()井藤吉,豊島大作。通称は日本。俳名は大束。作品に「裏模様菊伊達染」(合作)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android