大束(読み)オオタバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐たば〔おほ‐〕【大束】

[名]大きな束。⇔小束
[名・形動]
大ざっぱなこと。また、そのさま。大まか。雑。
「悪く―なことを言って落着いているよ」〈紅葉多情多恨
偉そうな態度をすること。また、そのさま。おおふう。
「―を言うな、駈落の身分じゃないか」〈鏡花婦系図

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおたば【大束】

( 名 )
大きな束。 ⇔ 小束 「 -の薪」
( 形動ナリ )
細かいことにこだわらないさま。おおまか。おおざっぱ。 「物事-に捌さばけと/浮世草子・風流曲三味線」
偉そうな態度をするさま。 「 -にいつて、おくんなんすな/洒落本・遊子方言」
[句項目] 大束に出る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大束の関連情報