コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本濁 ホンダク

デジタル大辞泉の解説

ほん‐だく【本濁】

による濁音新濁というのに対し、本来の濁音をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんだく【本濁】

漢字の字音で、連濁などによって濁音化した新濁に対して、本来濁音であるもの。「我」「魚ぎよ」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本濁の言及

【連濁】より

…漢語にあっては,新濁とよばれるものにおなじ。漢語のばあいには,本来,濁音であるばあいを本濁とよび,複合によって,もとは清音であったものが濁音になるばあいを新濁とよぶ。たとえば,〈被害〉の〈ガイ(害)〉のガは本濁,〈三階〉の〈ガイ(階)〉のガは新濁である。…

※「本濁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本濁の関連キーワード連濁字音

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android