コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札場嘉右衛門(初代) ふだば かえもん

1件 の用語解説(札場嘉右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

札場嘉右衛門(初代) ふだば-かえもん

?-? 江戸時代中期の陶工。
坂井焼(三国焼ともいう)の創始者。京都にでて楽焼や釉(ゆう)法をまなび,明和5年(1768)郷里の越前(えちぜん)(福井県)にかえり坂井港に窯をきずいた。以降,3代札場半右衛門は世人の評判をとり,藩主より札場焼の名をあたえられ,5代札場半次郎は雲鶴青磁ににた陶器を製造した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone