コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札幌黄たまねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

札幌黄たまねぎ

北海道札幌市で生産されるタマネギ。肉質は柔らかく、加熱すると甘みが増して美味。1878年、札幌農学校教師のアーサー・A・ブルックス氏が導入した「イエロー・グローブ・ダンバース」を先祖とする。スローフード協会により「味の箱舟」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

札幌黄たまねぎ[根菜・土物類]
さっぽろきたまねぎ

北海道地方、北海道の地域ブランド。
札幌市で生産されている。1878(明治11)年に札幌農学校のブルックス教官がイエロー・グローブ・ダンバース栽培をしたことに始まる。病気に弱く栽培の難しい品種であるため生産量が少なく、幻のたまねぎと呼ばれることもある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android