コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札幌市 さっぽろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

札幌〔市〕
さっぽろ

北海道中西部,石狩平野の南西部にある北海道最大の都市。北海道庁および石狩振興局の所在地。1922年市制。1955年琴似町,札幌村,篠路村の 2村,1961年豊平町,1967年手稲町を編入。1972年政令指定都市。区制が施行され,中心市街地を中央区,その周辺に北区東区白石区豊平区南区西区が行政区域として定められた。1989年白石区から厚別区が,西区から手稲区が,1997年豊平区から清田区がそれぞれ分区して 10区となる。地名は,アイヌ語のサッポロ(乾いた広大な地の意)に由来。明治2(1869)年開拓使が置かれてから今日にいたるまで,北海道全域の行政,経済,文化の中心をなす。市域は石狩川とその支流の豊平川の源流域に及び,市街地は,開拓使設置時の大規模な都市計画によって形成された碁盤目状区画を核として,市勢の伸長とともに拡張された。人口は 1965年に 100万を突破し,白石,月寒真駒内,手稲などの郊外地区の人口増加が目立つ。北海道全域と本州を結ぶ商業の中枢機能をもつほか,食料品,印刷,紙製品,家具などの都市周辺立地型の工業もある。JR函館本線,千歳線,札沼線が通り,国道5号線は国道12号線,36号線,230号線,231号線,274号線,275号線と分岐して道内各地に広がる。道央自動車道,札樽自動車道(さっそんじどうしゃどう)も通る交通の要所。南東約 44kmには新千歳空港(千歳市)がある。1972年の札幌オリンピック冬季競技大会開催時に地下鉄も開通。北海道大学をはじめとする各種の教育施設や主要企業の本社,支社が集中する一方,定山渓温泉や豊平峡(ほうへいきょう)ダム,手稲山などの観光地もある。開拓使札幌本庁舎跡および旧北海道庁本庁舎と琴似屯田兵村兵屋跡はともに国指定史跡。円山原始林と藻岩原始林(→藻岩山)は国の天然記念物に指定されている。例年 2月初旬に開催されるさっぽろ雪まつりは,全国的に有名。面積 1121.26km2。人口 195万2356(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札幌市の関連情報