札納め(読み)フダオサメ

デジタル大辞泉の解説

ふだ‐おさめ〔‐をさめ〕【札納め】

年末に、その年のお札を社寺に返納すること。また、そのお札を集めて焼く行事。おさめふだ。 冬》「大香炉火を噴きにけり―/青邨
巡礼などが、神社・仏閣などに参詣したしるしとしてお札を納めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふだおさめ【札納め】

その年に受けた札を年末に神社などに返納すること。 [季] 冬。
祈願のときに受けた札を、成就のときに返納すること。また、巡礼などが参拝のしるしに札を納めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札納めの関連情報