コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口青邨 やまぐち せいそん

7件 の用語解説(山口青邨の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山口青邨

俳人。岩手県生。名は吉郎。東大卒。高浜虚子に師事する。雑誌『夏草』を主宰。東大名誉教授。昭和63年(1988)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐せいそん【山口青邨】

[1892~1988]俳人。岩手の生まれ。本名、吉郎。高浜虚子に師事。「夏草」を主宰。写生に根ざした清純・高雅な句風で知られた。句集「雑草園」「露団々」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山口青邨【やまぐちせいそん】

俳人,鉱山学者,随筆家。盛岡市生れ。本名吉郎(きちろう)。1916年東京帝大工学部卒。1939年同大教授となり鉱山学を講じた。1922年水原秋桜子(しゅうおうし)らと東大俳句会を興し,高浜虚子の指導を受けて《ホトトギス》の代表俳人となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口青邨 やまぐち-せいそん

1892-1988 大正-昭和時代の俳人,鉱山学者。
明治25年5月10日生まれ。古河鉱業などをへて母校東京帝大の教授。高浜虚子にまなび,大正11年水原秋桜子(しゅうおうし)らと東大俳句会をおこす。「ホトトギス」同人。「夏草」を創刊,主宰。昭和63年12月15日死去。96歳。岩手県出身。本名は吉郎。句集に「雑草園」,著作に「花のある随筆」など。
【格言など】外套(がいとう)の裏は緋(ひ)なりき明治の雪(「露団々」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまぐちせいそん【山口青邨】

1892‐1988(明治25‐昭和63)
俳人。盛岡市生れ。本名吉郎(きちろう)。1916年東大工学部卒。古河鉱業農商務省に勤めたのち,東大教授となり鉱山学を講じた。俳句は22年水原秋桜子らと東大俳句会を興し,以来,高浜虚子の指導を受けて《ホトトギス》の代表的俳人として活躍。処女句集《雑草園》(1934)の〈本を読む菜の花明り本にあり〉,第2句集《雪国》(1942)の〈藤垂れてわが誕生日むらさきに〉のように,句は平易で明るい。その特色は,対象や自分の感情に余裕をもってのぞむ姿勢から生じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまぐちせいそん【山口青邨】

1893~1988) 俳人。岩手県生まれ。本名、吉郎。東大卒。東大工学部教授。「ホトトギス」の写生に根ざした文人画風の清純高雅な句風で知られる。句集「雑草園」「雪国」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山口青邨
やまぐちせいそん
(1892―1988)

俳人。盛岡市に生まれる。本名吉郎。旧制二高を経て東京帝国大学工学部採鉱学科を卒業、古河鉱業(現古河機械金属)、農商務省に勤務ののち、1921年(大正10)東大工学部助教授、のち教授となった。水原秋桜子(しゅうおうし)、富安風生(とみやすふうせい)らに勧められて東大俳句会に加わり、清純、高雅な作風をもって『ホトトギス』の有力作者となり、文章の勉強会「山会」にも加わって随筆の妙手と評された。30年(昭和5)郷里盛岡に創刊の『夏草』選者となり、これを主宰、俳壇最長老として信望を集める。著書には随筆『花のある随筆』(1934)、『草庵(そうあん)春秋』(1943)、『回想の南瓜』(1965)、句集に『雑草園』(1934)、『雪国』(1942)、『粗餐(そさん)』(1973)など甚だ多い。工学博士、東大名誉教授。[村山古郷]
 みちのくの雪深ければ雪女郎
『『山口青邨句集』(1970・白凰社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山口青邨の関連キーワード木下藤吉郎木下藤吉郎(1)木下藤吉郎(2)塩野熊吉郎日根野要吉郎松田東吉郎村松藤吉郎本野英吉郎安田吉郎次山口吉郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口青邨の関連情報