コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴惇之 ぼく とんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朴惇之 ぼく-とんし

?-? 高麗-朝鮮王朝の官僚。
秘書官,判殿中寺事などを歴任し,明(みん)(中国)への使節もつとめた。応永4年(1397)大内義弘が僧永範らを派遣し倭寇(わこう)の禁止をつげた際の回礼使(通信官)として来日。足利義満に謁見し倭寇の禁止をかさねて要求し,6年帰国。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朴惇之の関連キーワード朝鮮王朝秘書官

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android