コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮王朝 ちょうせんおうちょう

2件 の用語解説(朝鮮王朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮王朝
ちょうせんおうちょう

朝鮮,太祖(→李成桂)の建国(1392)から日韓併合(1910)まで続いた封建王朝。別称「李朝」は古朝鮮の箕子朝鮮(→箕子東来説),衛氏朝鮮に対し,朝鮮王朝李氏朝鮮と俗称したものをさらに略称した俗称である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうせんおうちょう【朝鮮王朝】

朝鮮の王朝。李成桂りせいけいが高麗こうらいを倒して建国(1392~1910)。国号は朝鮮。都は漢城(現在のソウル)。領土を朝鮮半島全域に拡大し、第四代世宗せいそうの時全盛。1897年国号を大韓と改めたが、日露戦争後、日本の保護国化、1910年韓国併合で滅亡。儒学、特に朱子学中心の文教政策により、図書の出版、活字印刷、ハングル制定など、文化が興隆、日本に多大な影響を与えた。李氏朝鮮。李朝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の朝鮮王朝の言及

【李朝】より

…1392年に高麗を滅ぼして成立し,1910年まで続いた朝鮮の王朝。李氏朝鮮の略称で,朝鮮王朝ともいう。李朝が成立した時期は,ちょうど日本では南北朝の動乱が終わって室町幕府が確立した時期であり,中国でも約20年前に元が滅びて明が成立している。…

※「朝鮮王朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮王朝の関連キーワード衛満増補文献備考対馬焼カルビ火計赤古里北朝鮮の残留邦人北朝鮮の鉱物資源《朝鮮の自由のための闘い》《朝鮮の悲劇》

朝鮮王朝の関連情報