コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山愛 すぎやま あい

2件 の用語解説(杉山愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山愛 すぎやま-あい

1975- 平成時代のプロテニス選手。
昭和50年7月5日生まれ。平成3年世界ジュニアランキング1位。4年プロ入り。8年全日本選手権2連覇。9,10年ジャパンオープン連覇。11年全米オープンでブパシ(インド)とくみ混合ダブルスで優勝。12年デキュジス(フランス)とくみ,ウィンブルドン女子ダブルスで準優勝,全米オープンで優勝。同年女子テニス協会(WTA)のダブルス世界ランキング1位となる。シングルスの自己最高は8位(平成16年)。21年現役引退。神奈川県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉山愛
すぎやまあい
(1975― )

プロテニス選手。7月5日、横浜市に生まれる。親の影響で5歳からテニスをはじめる。湘南白百合(しらゆり)学園中学3年生だった1990年(平成2)に、世界スーパージュニア選手権で準優勝。翌年のウィンブルドンジュニア大会で16強入りし、15歳で日本人初のジュニア世界ランク1位となった。92年プロに転向。93年にはウィンブルドン全英選手権の予選を勝ちあがり、4大大会(全英(ウィンブルドン)、全豪、全仏、全米選手権の総称)本戦に初出場。95年全仏選手権、翌年のウィンブルドンでは16強入りを果たした。99年の全米選手権混合ダブルスでは、マヘシュ・ブパシ(インド)と組んで優勝という快挙を達成。2000年全米選手権ダブルスで4大大会2勝目。ダブルス世界ランキング1位となった。03年には全仏、ウィンブルドンでダブルス2冠に輝いた。2003年8月現在の戦績は、4大大会出場38回、ツアーシングルス4勝、ダブルス25勝。[大下勇次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉山愛の関連キーワードプロテニス選手協会全英テニス選手権大会全米オープン石井小一郎石黒修平木理化国際ローンテニス選手権プロテニス協会全英オープンテニス選手権日本ソフトテニス連盟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉山愛の関連情報