予選(読み)よせん

精選版 日本国語大辞典「予選」の解説

よ‐せん【予選】

〘名〙
① あらかじめ選ぶこと。多くの物の中から、次の選別の対象とするために前もって選び出すこと。
※続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「制、帳内資人雖名入式部、不予選之限」 〔周書‐宣帝紀〕
② 選手権大会や優勝決定戦に出場する者やチームを選び出すための試合
※話の屑籠〈菊池寛〉昭和八年(1933)三月「自分は、運動競技にも予選があるやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「予選」の解説

よ‐せん【予選】

[名](スル)
数あるものの中から前もって選び出すこと。「応募作品を予選する」
選手権大会や優勝決定戦に出場する人やチームを選び出すための試合。「予選リーグ」「予選落ち」「一次予選
[類語]ゲームマッチ試合メーンイベント公式戦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android