予選(読み)よせん

精選版 日本国語大辞典「予選」の解説

よ‐せん【予選】

〘名〙
① あらかじめ選ぶこと。多くの物の中から、次の選別の対象とするために前もって選び出すこと。
続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「、帳内資人雖名入式部、不予選之限」 〔周書‐宣帝紀〕
② 選手権大会や優勝決定戦に出場するチームを選び出すための試合
※話の屑籠菊池寛〉昭和八年(1933)三月「自分は、運動競技にも予選があるやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「予選」の解説

よ‐せん【予選】

[名](スル)
数あるものの中から前もって選び出すこと。「応募作品を予選する」
選手権大会や優勝決定戦に出場する人やチームを選び出すための試合。「予選リーグ」「予選落ち」「一次予選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android