杉本又三郎(読み)すぎもと またさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本又三郎 すぎもと-またさぶろう

1865-1940 明治-大正時代の実業家,政治家。
慶応元年生まれ。大阪の鮮魚商。明治40年(1907)日本初の鮮魚冷蔵運搬船を建造,翌年鉄道院の冷蔵貨車の試験操業をおこなった。海苔(のり)の養殖もてがけた。第24,25代大阪府会議長。昭和15年1月27日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本又三郎

没年:昭和15.1.27(1940)
生年慶応1(1865)
明治時代の大阪の鮮魚商。明治40(1907)年,冷蔵庫を応用した,わが国初の鮮魚冷蔵運搬船を建造。翌年鉄道院の委託を受け冷蔵貨車の試験操業を行った。また海苔養殖にも貢献した。第24,25期の大阪府議会議長を務める。

(足立泰紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android